「障害者テレワーク×DX」を推進します

お知らせ

 この度、ワンストップ電子契約サービス「NINJA SIGN」は、テレワーク型障害者雇用プラットフォーム「エンカク」(運営:株式会社D&I)と、障害者テレワークと電子契約導入を一挙に進めるべく、「障害者テレワーク×DX」推進に関する業務提携を締結しました。また、株式会社 W&B コンサルティングも協力企業として参画しています。
 今後、本件に関する解説セミナーを積極的に実施しモデルケースとなる企業を募集し、雇用創出に努めてまいります。
▼セミナーページはこちら 
https://www.ninja-sign.com/seminar

<提携の背景>
 コロナ禍でテレワークが普及しましたが、“障害者テレワーク”は導入の難しさ、管理体制ノウハウの乏しさから進んでいない現状があります。導入を検討する企業も増えてきていますが、「どのような業務を任せたらよいか分からない」「直接のコミュニケーションが取れない中での雇用管理が不安」という企業の声が少なくありません。
 さらに、障害者雇用促進法の改正により、2021年3月には雇用率が現在の2.2%から2.3%へ引き上げられるため、企業はより一層の障害者雇用が求められています。

 今回の提携は、上述した障害者テレワークの推進・障害者雇用率引き上げに対する雇用推進という社会課題解決のほか、急速に進む電子契約導入に伴う課題解決の、3つの課題解決につながります。
 また、本取り組みはSDGs達成にもつながる取り組みと言えます。雇用創出によるSDGs目標8「働きがいも経済成長も」への貢献のほか、企業の電子化・テレワーク推進により目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」、目標10「人や国の不平等をなくそう」および目標11「住み続けられるまちづくりを」に貢献できると考えています。

<提携概要>
①企業の電子化推進
 紙の契約書の電子化という膨大な作業を障害者テレワークによって解消できることを周知し、企業における電子化を促進させます。
②障害者テレワーク雇用の推進
 NINJA SIGN導入に際し発生する紙書類の電子化作業を、テレワーク(サテライト、在宅)で障害者が実施するスキームを構築し、障害者テレワーク雇用を促進させます。
③地方活性化、ダイバーシティの推進
 地方自治体とも連携し、NINJA SIGNとエンカクによる障害者テレワーク雇用スキームを展開・地方企業への電子契約導入を推進し、地方活性化および新しい働き方を創出し、ダイバーシティを促進させます。

<セミナー概要>
業務提携を記念しまして解説セミナーを開催いたします。

障害者雇用でDX化促進、電子化業務×テレワークで障害者雇用の難関課題を解決!
障害者テレワーク×DX 解説セミナー

開催日:2月16日(火)15:00~16:30、2月18日(木)10:30~12:00

障害者雇用率を上げたいとお考えの人事ご担当者様、社会貢献に注力したいとお考えの方、過去の契約書類の電子化でお困りの方などぜひご参加くださいませ。

お申し込みは下記ページより
https://www.ninja-sign.com/seminar

関連記事はこちら