三者間以上の契約機能について

三者間以上の契約機能概要

現在ご利用いただいているテンプレート作成時や契約書作成・送信時に相手方の人数を選択できるようになり、通知書類や三者間契約に加え、三者間以上のご契約でもご利用いただけるようになります。
加えて、契約書送信時に署名順(順列or並列)が選択可能であり、一括作成・送信機能もご利用いただくことが可能でございます。
三者間契約においてもスムーズな電子化が実現できますので、是非ご活用をご検討ください。

▼三者間契約時の契約書作成~締結イメージ

▼操作
①送信者が契約書を作成し、相手方の人数を選択した上で送信する。
②契約相手1人目に署名依頼が届く。
③契約相手1人目が「署名」をする。
④契約相手2人目に署名・合意依頼が届く。
⑤契約相手2人目が「署名・合意」をする。
⑥契約相手1人目に合意依頼が届く。
⑦契約相手1人目が「合意」をする。
※契約相手全ての「署名・合意」が完了した状態
⑧送信者が最終確認をし、締結を完了する。

※契約相手の署名・合意方法はこちら
※契約書送信時、オプション設定で「全員に一斉送信する」にチェックを入れた場合は、②の署名依頼が一斉に契約相手に送信され、最後に署名した方が最終契約相手として⑤のように一度の操作で「署名・合意」を実施します。
ただし、一括作成・送信の場合は、未対応です。
※合意依頼メールは「全員に一斉送信する」のチェック有無に関わらず、最終契約相手の「署名・合意」が完了後、一斉に送信されます。
※署名や合意の途中で再送(有効期限切れ、確認待ちステータス)した場合、
 契約相手1人目の「署名」から実施いただきます。

各機能の操作イメージ

テンプレート作成シーン

基本設定画面
入力項目設定画面

契約書作成シーン

基本設定画面※ファイルから作成時
押印箇所設定画面

契約書送信シーン

確認・送信画面
契約書詳細画面