テンプレートを登録する(PDF)【三者間以上】

PDFファイルをテンプレートとして登録する際の流れを説明します。

「テンプレート管理」をクリック

「PDFから作成」をクリック

テンプレート登録するPDFファイルを選択

テンプレート登録するPDFファイルを「このエリアにファイルをドロップ」又は、「ローカルからアップロード」をクリックし、ファイルを選択します。
※テンプレート登録できるファイルは、PDFファイルに限ります。

必要に応じて、テンプレートのタイトルを変更

契約書送信時のメッセージを設定したい場合は入力します。
※入力したメッセージがデフォルトで表示されます

契約相手の人数をプルダウンで選択し「入力項目設定へ進む」をクリック

契約書のPDFファイルがNINJA SIGNのテンプレートとしてアップロード

自分の入力項目を設定

自分で入力・変更したい項目については、「署名者1(自分)の入力項目」としてテンプレートに設定することができます。契約書作成のたびに、設定した入力項目の内容は変更することができます。
自分の入力項目に設定をしても、入力項目を契約書内に入力しなければ、契約書の書面に反映されることはありません。
(1)自分の入力項目を追加する場合は、「署名者1(自分)の入力項目」が表示されている状態で、項目を追加をクリックします。

(2)追加したい項目を選択します。
※入力項目はユーザー様ご自身で自由に追加することができます。
▼入力項目の追加はコチラ

(3)入力項目を必須化する場合は、「必須項目にする」にチェックを入れ、「追加」をクリックします。
(4)入力項目の+をクリックし、入力項目のフィールドを追加します。
(5)入力項目のフィールドが表示されます。
削除する場合は右上の「×」をクリックします。
※入力項目は、明朝体・フォントサイズ10.5pxに変換されます
(6)入力項目化したい場所へ移動して追加します。
入力項目の追加・移動の操作を設定する必要項目分、繰返し行います。

自分の入力項目については、{{1:項目名}}と入力されます。
テンプレートから項目設定自体を削除したい場合は、「ゴミ箱」アイコンをクリックします。

契約書の内容に入力項目を挿入する場合、「項目名」の設定と契約書内容への追加がセットになっておりますので、ご注意ください。
※項目名を変えると、契約書内の{{1:項目名}}のフィールドも再度追加する必要がございます。
※左側の「項目名の設定」が残っていると、契約書作成時に入力が必要となります。

入力項目の追加・コピー・貼り付けの操作を設定する必要項目分、繰り返し行います。
※項目名の順序変更する際は、入力項目の左端にカーソルを合わせ、上下にドラッグしてください。
(7)印鑑の+をクリックし、押印箇所を追加します。
押印設定したい場所にドラッグし、押印箇所を設定します。

相手(1人目)の入力項目の設定は「署名者2(相手)の入力項目」をクリック

署名者2(相手)の入力項目・押印箇所の設定も⑦と同様に操作

相手(2人目)の入力項目の設定は「署名者3(相手)の入力項目」をクリック

署名者3(相手)の入力項目・押印箇所の設定も⑦と同様に操作

契約相手の人数分⑦の作業を同様に繰り返します。

項目の設定が終わったら、「確認へ進む」をクリック

テンプレート登録が完了

契約書の作成をしない場合は、「終了する」をクリックします。