コンサルティング業の導入事例

企業の課題をDX化で解決することも多いコンサルティング業。社内でもDX化の推進、在宅勤務の浸透が進んでいます。一方で、多くのクライアントとの契約書を紙で行っており、契約締結までのリードタイムがコロナ禍で長期化。そのような課題を抱える中、電子契約の導入によりどんな効果を得ることができたのか。導入事例をご紹介します。
 課題
  • 煩雑な契約管理業務の削減
  • 在宅勤務で契約書の受け取りが難化
  • 大量の契約書があり、内容の確認に時間を要する
 効果
  • 契約にかかる工数が削減され、自社も取引先も満足
  • リモートでもスムーズに契約締結まで可能に
  • 検索機能を活用し、契約書の内容確認が容易に

コンサルティング業の導入事例

導入3か月で7割の契約書を電子化へ 全研本社がNINJA SIGNを選んだ理由とは

2021-05-17

WEBマーケティング・コンサルティングサービスを主軸としたIT事業と、語学事業を展開する全研本社株式会社。経営企画部にご所属の前田様に、NINJA SIGNを選んだ理由や導入までの経緯についてお話をお伺いしました。

ベトナム進出企業を支援するI-GLOCALは、電子契約を活用しDX化を強力に推進

2021-05-13

ベトナム初の日系会計事務所として、ベトナム進出日系企業をサポートするI-GLOCAL。本日は實原様から、電子契約 NINJA SIGN導入による具体的な効果や、今後の活用について伺いました。

イメージ:NINJA SIGNのインターフェース

契約業務の負担でお悩みの方は お気軽にご相談ください

契約業務のお悩み解決資料はこちら