NINJA SIGNの電子署名機能について

NINJA SIGNの電子署名

NINJA SIGNでは電子署名機能をご利用いただけます。
電子署名は、電子文書でやりとりされた記録を、改変されないように暗号化等の技術を用いて証明することができるものを指します。電子署名で契約締結することで、作成者の情報や契約に関する情報をより高い安全性をもって保護することが可能です。
※ご利用のプランによりお使いいただける機能が異なります。詳しくはプラン・価格ページをご確認ください。

 

電子署名の仕組み

NINJA SIGNが提供する電子署名機能は、サイバートラスト株式会社が提供する「iTrust リモート署名サービス」を用いて弊社が電子署名を付与する機能です。

本人性の担保

電子署名における本人性の担保は、メール認証と電子証明書を用いて行われます。従来の電子サインにおけるメール認証による本人性の担保に加え、電子証明書を活用することでより高度な形で本人性の担保を実現します。
イメージ:送信パスワード設定

非改変性の担保

電子署名では暗号化技術を用い認定タイムスタンプを付与することで契約情報を保護します。契約に関わる文書が存在していたこと(存在証明)、その後、改変されていないことを証明する役割があります。
イメージ:セキュリティ診断

電子証明書

NINJA SIGNでは立会人型の電子署名を採用しています。契約に対し第三者の立場として弊社が電子署名を行います。電子認証局から発行された電子証明書が契約文書に付与され、タイムスタンプと併せて検証することで「いつ、なにを、誰が」契約したものかを証明するものになります。
イメージ:SSO

検証の仕組み

本人性を担保する電子証明書、非改変性を担保するタイムスタンプはともに暗号化技術で保護されており、ともに発行されたハッシュ値を検証する形で契約情報を確認します。

NINJA SIGNで電子署名を活用する

電子署名はあくまで電子契約における署名方式の一つです。
NINJA SIGNでは電子サインと電子署名の使い分けを推奨しています。
イメージ:サーバー

電子サイン

NINJA SIGNではタイムスタンプを付与する電子サインを通常の機能として採用しています。雇用契約書のように社内でのみ完結する契約書などにおいては電子サインがおすすめです。

電子署名

特に重要な契約書においてご活用いただくことをおすすめします。
・後日訴訟になるリスクがある契約
・契約金額が高額な契約
・イレギュラーな内容を多く含む契約
・今まで取引のない相手との契約

NINJA SIGNで電子署名を利用するメリット

他にも様々なセキュリティ対策を実施していますので、NINJA SIGNなら安心・安全に契約業務を行うことができます。
イメージ:認定タイムスタンプ

電子契約の信頼性を高める

電子署名機能を活用することで、電子契約において最も証拠力の高い形で契約締結をすることができます。電子サインと使い分けをしながらご活用いただくことで安心感をもって契約業務をすることに繋がります。
イメージ:URLトークン

電子署名でも合理的なコスト

NINJA SIGNでは電子署名機能の課金タイミングが「相手方が受領・署名が完了しステータスが変更されたタイミング」としています。従来の電子契約サービスであれば「送信」のタイミングで課金となり、送信ミスがあった場合にも同様の課金がされてしまいますが、NINJA SIGNを使えば余分なコストの削減が見込まれます。
イメージ:データバックアップ

厳密な検査をクリアした品質

NINJA SIGNの電子署名機能は、外部の調査期間に依頼し厳密な審査をクリアしています。想定しうる全てのパターンでエラー検証が行われているため品質が保証されています。重要な契約シーンでぜひ電子署名をご活用ください。
イメージ:サーバー

長期署名に対応

電子署名機能をご利用いただくと、電子署名とタイムスタンプを組み合わせた長期署名規格(PAdES)に対応した長期署名も付与されるため、NINJA SIGNで締結した契約書の真正性を長期間担保することができます。
イメージ:NINJA SIGNのインターフェース

契約業務の負担でお悩みの方は お気軽にご相談ください

契約業務のお悩み解決資料はこちら