よくみられるFAQ

  

契約相手の電話番号認証を必須化する

文書の送信時、契約相手の電話番号確認を設定することができます。
電話番号確認が設定されている場合、契約相手が文書を受信後、文書内容を確認する前に必ず電話番号の確認を求められます。

文書送信画面で「相手方の電話番号確認」にチェック

契約相手の操作

freeeサインから電子契約の通知を送信

内容を確認し、URLをクリックします。
※有効期限は1週間、2週間、1カ月のいずれかです。(文書の送信者によって設定されます。)有効期限内にご確認ください。
※有効期限が切れた場合は、文書送信者に再送をご依頼ください。

認証を実施する「電話番号」を入力

※国際電話の場合は国旗マークをクリックし、国を選択します。

「確認方法」を選択

「SMS」または「音声電話」のどちらかを選択します。

「認証コードの送信」をクリック

認証コードの送信をクリックすると、選択した確認方法に応じて認証コードがお知らせされます。

【SMS】指定の電話番号宛に届いた認証コードを入力し、認証するをクリック

【音声電話】音声案内に従ってコードを確認・入力し、認証するをクリック

「電話番号の確認が完了しました」と表示されれば電話番号確認が完了