よくみられるFAQ

  

PDF/Word/Excel/PowerPointファイルから文書を作成する

freeeサインではテンプレートを登録せず、様々なファイル形式から文書を作成することができます。
※アップロードできるファイル形式はpdf, doc, docx, xls, xlsx, ppt, pptx形式です。
※10MB以上のファイルをアップロードするとエラーの原因となる可能性がございます。
※押印設定のみを行い、相手方に送信する作成方式です。
※Word、Excel、PowerPoint 形式の場合は、アップロード後にPDFに自動変換されます。

「文書を作成する」をクリック

「ファイルから作成」をクリック

文書作成に使用するファイルを選択

文書を作成するファイルを「このエリアにファイルをドロップ」又は、「ローカルからアップロード」をクリックし、ファイルを選択します。

※複数ページになるファイルから作成する場合は、全ページのサイズ・向きが同じ状態でアップロードください。
※10MB以上のファイルをアップロードするとエラーの原因となる可能性がございます。

基本情報を設定

「ファイル名」を入力し、「相手方の人数」をプルダウンで選択します。
※2名~20名の範囲で選択可能です。
上記入力・選択後、「入力項目の設定/配置へ進む」をクリックします。

アップロードしたファイルが文書として登録されたことを確認

自分の入力項目を設定

自分で入力・変更したい項目については、「署名者1」として文書に設定することができます。
※自分の入力項目に設定をしても、入力項目を文書内に入力しなければ、文書の書面に反映されることはありません。
(1) 自分の入力項目を追加する場合は、「署名者1」が選択されている状態で、「項目を追加」をクリックします。

(2) 追加したい項目を選択し、「追加」をクリックします。
※選択肢にない新しい入力項目を追加したい場合はこちら
▼入力項目を追加・確認・編集する

(3)入力項目の+をクリックし、入力項目のフィールドを追加します。
(4)入力項目のフィールドが表示されます。削除する場合は右上の「×」をクリックします。
(入力項目は、明朝体・フォントサイズ10.5ptに変換されます)
(5)入力項目化したい場所へ移動して追加します。
入力項目の追加・移動の操作を設定する必要項目分、繰返し行います。

自分の入力項目については、{{1:項目名}}と入力されます。テンプレートから項目設定自体を削除したい場合は、削除する入力項目を選択した状態で「項目を削除」をクリックします。

文書の内容に入力項目を挿入する場合、「項目名」の設定と文書内容への追加がセットになっておりますので、ご注意ください。
※項目名を変えると、文書内の{{1:項目名}}のフィールドも再度追加する必要がございます。
※左側の「項目名の設定」が残っていると、文書作成時に入力が必要となります。

入力項目の追加・コピー・貼り付けの操作を設定する必要項目分、繰返し行います。
※項目名の順序変更する際は、入力項目の左端にカーソルを合わせ、上下にドラッグしてください。
(6)印鑑の+をクリックし、押印箇所を追加します。
押印設定したい場所にドラッグし、押印箇所を設定します。

相手の入力項目の設定は「署名者2」を選択

署名者2(相手)の入力項目・押印箇所の設定も⑥と同様に行う

※契約相手の人数を2名以上に設定した場合、契約人数分⑥と同様の操作を行います。

項目の設定が終わったら「確認へ進む」をクリック

「確認へ進む」クリック後、未配置の入力項目が存在している場合は左記の画面が表示されます。
修正する場合は「いいえ」を、このまま進む場合は「はい」をクリックします。

入力項目に記載する内容を入力し「確認・送信へ進む」をクリック

送り先メールアドレスを入力し「送信する」をクリック

「送り先」へ署名者(契約相手)の全てのアドレスの入力と必要に応じて「メッセージ」を入力、「有効期限」を1週間以外に変更します。

<オプション設定>
・自動リマインドメールを設定する場合は「有効期限をメールで通知する」にチェックを入れます。

※三者間以上のご契約の場合
・署名者への契約書の送信を一斉に送信する場合は「全員に一斉送信する」にチェックをします。
チェックをしない場合は設定した順に契約書が送信されます。



上記設定の完了後、「送信する」をクリックします。

送り先・メッセージを確認し「送信」をクリック

相手方に署名依頼メールが送信