よくみられるFAQ

  

文書を再送する【三者間以上】

freeeサイン上で、送信した文書を、同じ送信先に再送することが出来ます。別のメールアドレスに再送する場合は、文書の送信取り消しをしていただく必要がございます。
文書の送信取り消しはこちら

※既に署名完了している契約相手がいる状態で再送された場合、
再送前の文書に関しては、既に署名された内容は取り消され、
署名が完了していない契約相手は、文書が確認出来なくなります。

再送時には以下の設定が引き継がれます。
・パスワード設定
・自動リマインドの設定
・CC設定
設定を変更したい場合は、新規に文書を作成する必要がございます。

「文書管理画面」で再送したい文書のタイトル名をクリック

※再送できるのは、「確認待ち」「有効期限切れ」ステータスとなっている文書のみとなります。

「再送する」をクリック

「送信する」をクリック

再送先のメールアドレスは以前に送信したメールアドレスと同じになり、変更ができません。
別のメールアドレスに再送する場合は、文書の送信取り消しをしていただく必要がございます。

文書の送信取り消しはこちら