NINJA SIGN for kintoneの初期設定方法

NINJA SIGN for kintoneをご利用いただく上で必要な初期設定をご案内いたします。NINJA SIGN for kintoneのご案内はこちら

1.初期設定:kintoneコネクタの登録

共有されたリンクへアクセス

「ユーザを登録する」をクリック

必要事項を入力

①姓・名・会社名・メールアドレスを入力
②テナントIDを入力(指定要件はないため、希望がない場合は「テナントIDの自動生成」にチェック)
③パスワードを入力
④「ユーザーを登録する」をクリックし、ユーザーを登録しますか?で「はい」をクリック
⑤「noreply@kintone-x-ninjasign.firebaseapp.com」より届くメールアドレス確認メール内にあるリンクをクリック⇒確認
⑥ログイン画面に戻るをクリックし、ログイン

連携設定を入力

①「連携設定」を選択
②「NINJA SIGN」項目内のクライアントID、クライアントシークレット、Webhookパスワードを入力し、連携ボタンをクリックし、連携
※クライアントID、クライアントシークレット発行方法はこちら
※Webhookパスワードには任意のパスワードを設定します。

③「kintone」項目内の「サブドメイン」を入力
④サブドメイン入力後のメッセージに従って、kintone内の「クライアントID/シークレット」を入力

連携の確認

①「KINTONEアプリ」をクリック
②「タイトル」の一覧はNINJA SIGN上の契約書テンプレートに対応
③作成ボタンを押すと、kintone上に契約書テンプレートアプリが作成される

2.初期設定:テンプレートアプリの作成

NINJA SIGN内でテンプレートを作成

※作成方法はこちら

kintoneアプリの作成

kintoneコネクタ内の「KINTONEアプリ」の「タイトル」より、NINJA SIGNで登録したテンプレート名横の「保存先フォルダ」を選択し、「作成」をクリック
⇒「アプリを作成しました」メッセージが表示され、kintone内にアプリが作成されます。

Webhookの設定

【Kintone側の設定】
①「Kintone>Webhook URL」のURLをコピー
②「KintoneのWebhookURL設定」のリンクマークをクリック
③「Webhookの追加」画面に「Webhook URL」にコピーしたURLを貼り付ける
④「Webhookの追加」画面にて「説明」に「kintone x NINJA SIGN」を入力
⑤「通知を送信する操作」内の「レコードの追加」、「レコードの編集」、「レコードの削除」の項目にチェック
⑥「保存」をクリック⇒Webhookが追加されていることを確認
⑦「アプリの設定に戻る」をクリック
⑧アプリ内の「アプリを更新」をクリックし、「OK」をクリック


【NINJA SIGN側の設定】
①「設定」をクリックします。
②「Webhook設定」をクリックします。
③「Webhookを追加する」をクリックします。
④「URL」にWebhook URL(NINJA SIGN)を貼り付けます。
※本FAQ「5 連携の確認」でコピーしたURL
⑤不正リクエスト対策パスワードに、本FAQ「4 連携設定を入力」で設定したWebhookパスワードと同じパスワードを設定します。
⑥「トリガーイベント」にチェックを入れ、「登録する」をクリックします。

これでNINJA SIGN for kintoneの初期設定は完了です。
設定後の基本操作方法はこちら