テンプレートを登録する(Word)

Wordファイルをテンプレートとして登録する際の流れを説明します。

「テンプレート管理」をクリック

「Wordから作成」をクリック

※Wordから作成が表示されない場合には、Google Drive連携の設定を行ってください。

Wordファイルをアップロード

テンプレート登録するWordファイルを「このエリアにファイルをドロップ」又は、「ローカルからアップロード」をクリックし、ファイルを選択します。
※GoogleDocをword形式でダウンロードしたファイルも登録できます

必要に応じて、テンプレートのタイトルを変更

契約書送信時のメッセージテンプレートを設定したい場合は「メッセージ」に入力します。
※入力したメッセージは契約書送信時にデフォルトメッセージとして表示されます。

契約相手の人数をプルダウンで選択し「入力項目設定へ進む」をクリック

※デフォルトで契約相手の人数が1名で設定されておりますので、二者間でのやり取りの場合は変更不要です。

契約書のWordファイルがテンプレートとして登録されたことを確認

契約書の文章を編集する場合は、画面上で行うことが出来ます。
自社の会社名・住所など変わらない箇所については、あらかじめ入力しておくと便利です。

自分の入力項目を設定

自分で入力・変更したい項目については、「自分の入力項目」としてテンプレートに設定することができます。契約書作成のたびに、設定した入力項目の内容は変更することができます。
自分の入力項目に設定をしても、入力項目を契約書内に入力しなければ、契約書の書面に反映されることはありません。
(1)自分の入力項目を追加する場合は、「自分の入力項目」が表示されている状態で、項目を追加をクリックします。

(2)追加したい項目を選択します。
※入力項目はユーザー様ご自身で自由に追加することができます
▼入力項目の追加はコチラ

(3)入力項目を必須化する場合は、「必須項目にする」にチェックを入れ、「追加」をクリックします。

(4)入力項目のコピーをクリックし、入力項目化したい場所へ貼り付けします。

※貼り付けは、「右クリック⇒貼り付け」または「Ctrl+v」を押して、入力項目をコピーします。自分の入力項目については、{{1:項目名}}と入力されます。
契約書の内容から項目を削除する場合は、{{1:項目名}}の文言を削除することで出来ます。テンプレートから項目設定自体を削除したい場合は、「ゴミ箱」アイコンをクリックします。
契約書の内容に入力項目を挿入する場合、「項目名」の設定と契約書内容への記載がセットになっておりますので、ご注意ください。

※項目名を変えると、契約書内の{{1:項目名}}の記載も変更いただく必要がございます。
※左側の「項目名の設定」が残っていると、契約書作成時に入力が必要となります。
入力項目の追加・コピー・貼り付けの操作を設定する必要項目分、繰り返し行います。
※項目名の順序変更する際は、入力項目の左端にカーソルを合わせ、上下にドラッグしてください。

相手(1人目)の入力項目の設定は「署名者2(相手)の入力項目」を選択

署名者2(相手)の入力項目の設定も⑦と同様に行う

【契約相手の人数を2名以上設定した場合】

相手(2人目)の入力項目の設定は「署名者3(相手)の入力項目」を選択

署名者3(相手)の入力項目の設定も⑦と同様に行う

契約相手の人数分⑦の作業を同様に繰り返します。

項目の設定が終わったら「押印箇所の設定へ進む」をクリック

「押印箇所」アイコンを押印設定したい場所にドラッグし押印箇所を設定

押印箇所は、自分のみ・相手のみ選ぶことが出来、どちらも設定しなくても契約上問題はございません。
設定が終わったら「確認へ進む」をクリックします。
テンプレート登録が完了しました。
契約書の作成をしない場合は、「終了する」をクリックします。