よくみられるFAQ

  

タイムスタンプ確認の際「署名に問題があります」と表示される場合

freeeサインで作成した、文書データのタイムスタンプをAcrobatReaderで確認した際、「署名に問題があります」と表示される場合がございます。
その際は、「署名者の追加」をして頂く必要がございますので、以下の手順を実施ください。

Adobe Acrobat Reader DC
Adobe Acrobat XI
Adobe Reader XI の場合の設定

「編集」 メニューから「環境設定」をクリック

「分類」一覧より「署名」を選択し、右側「検証」欄の「詳細…」ボタンをクリック

「Windowsの統合」の「署名を検証」「証明済み文章を検証」の両方にチェックを付け「OK」ボタンをクリック

「環境設定」画面に戻り、左側の「分類」一覧より「信頼性管理マネージャー」を選択

「信頼性管理マネージャー」の選択後、右側中央の「Adobe AATLサーバーから信頼済み証明書を読み込む」にチェックを付け「今すぐ更新」をクリックします。
※チェックがついていた場合には、一度チェックを外して付け直します。

「セキュリティは正常に更新されました」と表示されたら、「OK」ボタンをクリック

「環境設定」画面も「OK」ボタンをクリックして閉じます。

文章画面に戻り「署名パネル」をクリック

左側に表示される「すべてを検証」をクリック

「環境設定」画面も「OK」ボタンをクリックして閉じます。

確認のメッセージが表示されたら「OK」ボタンをクリック

「すべての署名の検証が完了しました。」と表示されたら「OK」ボタンをクリックして閉じます。

開いている文書ファイルを「×」ボタンで終了し、文書ファイルを開き直して事象が解消されるかをご確認ください。

上記操作で改善しない場合の操作

証明書類をダウンロード

①ルート証明書をダウンロードします。 https://repository.secomtrust.net/SC-Root3/ から、Security Communication RootCA3の「証明書(Certificate)」内にあるDER(SCRoot3ca.cer)をダウンロード

②CA証明書をダウンロードします。 https://repo1.secomtrust.net/spcpp/ts/ から、SECOM TimeStamping CA3の証明書内にあるDER(ca3-der.cer)をダウンロード。


AcrobatReaderでメニューから「編集」-「環境設定」を選択

左側の分類リストから「署名」を選択しIDと信頼済み証明書の「詳細」をクリック

左側のリストから「信頼済み証明書」を選択し「取り込み」をクリック

「参照」からダウンロードしたルート証明書とCA証明書を選択して取り込む

リストに追加された「SECOM TimeStamping CA3」を選択し「信頼性を編集」をクリック

開くダイアログの「この証明書を信頼済みのルートとして使用」にチェックを入れて保存します。
同様に「Security Communication RootCA3」を選択し「信頼性を編集」をクリック。
開くダイアログの「この証明書を信頼済みのルートとして使用」にチェックを入れて保存します。

AcrobatReaderを再起動しPDFを表示

PDFの表示後、本FAQの⑥~⑧の操作を実施いただき、事象が改善されるかご確認ください。