よくみられるFAQ

  

Google Drive連携する

「設定」をクリック

「ユーザー」をクリック

外部サービス連携のGoogle Drive「連携する」をクリック

freeeサインに連携するGoogleアカウントを選択し、クリック

※freeeサインでWordテンプレート登録をご利用される場合、Google Drive連携が必要となります。
※freeeサインと連携したアカウントのGoogle Driveに、freeeサインのテンプレートが保存されます。

※連携先に「@privaterelay.appleid.com」の含まれるメールアドレスを設定してエラーが発生する場合はこちら

freeeサインからGoogleのアクセス権のリクエストを確認し「許可」をクリック

※Google連携をする際に、一見連携先のアカウントの全情報が閲覧できるような表現に見えますが、実際には閲覧できませんのでご安心ください。
※連携先のGoogle Driveのマイフォルダー内に「freeeサイン」というフォルダーを作成するにあたり、全てのフォルダーへのアクセス権を要求しております。
※しかしながら、実際にfreeeサイン側から参照することができるのは、上記の「freeeサイン」フォルダーのみとなり、その他フォルダーに対してのアクセスを行うことは出来ない仕様となっております。

Google Drive連携に成功すると連携中というステータスに変更