セキュリティ

大切な情報を強固に守るセキュリティ

NINJA SIGNは最新のセキュリティ技術を駆使し、あなたの大切なデータを強固に守ります。

※ご利用のプランによりお使いいただける機能が異なります。詳しくはプラン・価格ページをご確認ください。

アクセス制御

機密情報も扱う契約書だから、不正な情報へのアクセスを防ぐために多重の予防措置を実装しています。
イメージ:URLトークン

URLトークン

受信者に通知される契約書のURLには、都度生成される独自の複雑な文字列(トークン)が付きます。第三者がこの文字列を知らない限りアクセスすることはできません。
イメージ:送信パスワード設定

送信パスワード設定

契約書を送信する際、パスワードを設定することができます。
メールに記載されたURLをクリックしてもパスワードが合わない限りアクセスできませんので、更に安全性を高めることができます。
IPアドレス制限

IPアドレス制限

NINJA SIGNへアクセスできる環境をIPアドレスを指定して制限することができます。
自社のネットワークからのみ利用したいという場合は、IPアドレス制限をご利用ください。
イメージ:二要素認証 (ワンタイムパスワード)

二要素認証
(ワンタイムパスワード)

ログイン時にスマートフォン等の端末を利用した「SMS/電話/認証アプリ」での認証を追加することができます。登録した端末が手元にあるユーザーのみがログインできるため、不正利用を強固に防止することができます。
イメージ:SSO

ソーシャルログイン

ツール毎に異なるID・パスワードを利用すると管理が大変で失念のリスクも増えます。NINJA SIGNでは、ご利用のGoogleアカウントを利用して登録・ログインすることができます。

データ暗号化

NINJA SIGNとの通信情報もサーバーに保存された書類も暗号化されていますので、万が一不正に取得されたとしても第三者に解読される心配はありません。
イメージ:ファイル暗号化

ファイル暗号化

NINJA SIGNに保存されたデータは、 AWS Key Management Service (KMS) の共通鍵暗号の仕組みを使い全て暗号化しており、第三者が復号できない仕様となっています。
イメージ:通信暗号化

通信暗号化

NINJA SIGNの通信は、全て SSL/TLS(256bit)の暗号化を施されやり取りされます。現在のコンピュータ性能では現実的に解読不可能な暗号化レベルなので、安心してご利用ください。

サーバー/その他

他にも様々なセキュリティ対策を実施していますので、NINJA SIGNなら安心・安全に契約業務を行うことができます。
イメージ:認定タイムスタンプ

認定タイムスタンプ

NINJA SIGNでは、一般財団法人日本データ通信協会により認定された、セイコーソリューションズ株式会社の「認定タイムスタンプ」を利用しています。データの改ざん有無を強力に証明することが可能です。
イメージ:セキュリティ診断

セキュリティ診断

外部のセキュリティ機関による様々な診断を受けており、外部からの攻撃に対し堅牢なシステムを構築しています。
イメージ:データバックアップ

データバックアップ

NINJA SIGNでは、毎日データバックアップを実施し保管しております。バックアップデータはAWS上に保存され、複数のデータセンターに冗長化して保存されます。
万が一データが破壊された場合も、バックアップから安全にデータを復旧することが可能です。
イメージ:サーバー

サーバー

NINJA SIGNではGoogleドライブ、Googleドキュメント、AWSを採用しております。世界で広く信頼性を獲得しているサーバーを利用し、堅牢で高いサービス稼働率を担保しております。
イメージ:NINJA SIGNのインターフェース

契約業務の負担でお悩みの方は お気軽にご相談ください

契約業務のお悩み解決資料はこちら